オリジナルのぼりのメリットとは?安くて目立つ?

オリジナルのぼりにこだわっているのですが、オリジナルにするメリットとは何かを考えてみました。

やはり注目度が違うのではと思いますよね。

のぼり、特にオリジナルにするメリットとは何なのでしょう。

◇何といっても安価でできる

のぼりは、私たちが働く小さなお店でも気軽に注文できるのが良いところです。

それに看板を作るよりもはるかに安くで買えますし、安価にもかかわらず販促効果があるのが大きなメリットと言えるでしょう。

◇存在感が抜群

のぼりは、歩いている人だけが見ているわけではありません。

車で走っていてものぼりが目につくことはないでしょうか。

お店に設置してあるのぼりはたいてい同じようなものばかりですが、そこにオリジナルのものを設置すればさらに存在感が増し、注目されることでしょう。

◇主力商品をアピールできる

私の働くお店では、今回ランチメニューを一新しました。

それを大々的にアピールしたいので、オリジナルののぼりを作ろうと考えたのです。

のぼりは、主力となる商品を一番目立つとされる店頭で宣伝できるのが良いところです。

それに、看板は一度設置してしまうと簡単に移動ができませんがのぼりなら簡単に場所を移動させることができます。

少しでも注目される場所に簡単に移動できるのがのぼりのメリットでもありますね。

飲食店にありがちなのぼりではなく、「あれ、こののぼり何?」と思われるようなものを作って設置できれば良いなと思います。

◎のぼりはスポーツの場面でも利用されています。⇒https://odawara-hakone.keizai.biz/headline/3078/

プロのデザイナーにのぼりを作ってもらおう

オリジナルデザインののぼりを作るのに、プロのデザイナーにデザインしてもらって作るのもまた良いかもしれませんね。

やはりプロですからインパクトのある、良いものができるのではと思います。

フルオーダーでのぼりを作るには、どうすれば良いのでしょう。

◇完全オリジナルを作るなら

私がデザインしたものだと、どこかで見たのぼりを参考にしてレイアウトなどを決めますよね。

ですからどうしても似たようなものになってしまい、完全オリジナルではないような気がします。

そこをプロのデザイナーにお願いしてフルオーダーで作るには、デザイナーがいる、フルオーダーののぼり制作会社に依頼すると良いです。

【心温まるオリジナルのぼりのご紹介】新成人にのぼりで「おかえり」 加西の商店連合会

◇依頼の仕方は簡単

フルオーダーのぼりを依頼するのはとても簡単で、あるのぼり制作会社ではFAXかメールで依頼できます。

FAXで、簡単に手書きで「こんな感じにして」と描いたものでも、プロのデザイナーがデザイン案を描いてくれます。

デザインは2案作ってもらえ、修正は2回まで無料でできます。

また、デザインも半年間保管してもらえますので、再注文ができます。

◇気になる価格は?

フルオーダーだとどれくらいの値段になるのか気になりますね。

ある制作会社では、デザイン料込で1枚あたり5000円前後、5枚以上注文になると1枚あたりが半額になるサービスがあります。

注文枚数が増えるごとに単価が安くなるので、まとめてたくさん注文すると安く買えますね。

のぼりはいずれ交換するものですから、たくさんまとめ買いしておくのも良いかもしれません。

オリジナルのぼりはいくらくらいでできる?

オリジナルのぼりを作るとなると、気になるのが費用ですよね。

既製品ではなく、オーダーするとなるとちょっと高くなるのではと心配です。

オリジナルのぼりを作ったら、どれくらいかかるのでしょうか。

◇標準サイズののぼりの場合は

標準サイズののぼりでテトロンポンジに印刷したものだと、あるのぼり制作会社では1枚あたり1000円前後でできます。

ただし、そこにチチの色を変更したらプラスいくら、仕立てを縫製にしたらプラスいくら、棒袋仕様にするとプラスいくら、というようにオプションをつけていくと値段が上がっていきます。

しかし、どれも1枚あたり数十円から数百円のプラスですからそれほど高くなりませんね。

◇たくさん注文するほど単価が下がる

多くののぼり制作会社では、たくさんの枚数を注文すると1枚あたりの単価が安くなります。

1000円前後というのは、1枚から5枚購入した場合で、10枚を超えると800円前後になります。

10枚ずつ増えるたびに安くなりますので、たくさん購入する方がお得になります。

◇既製品とそれほど変わらず

デザインデータを自分で作成し、入稿したものだと既製品として売られているのぼりと単価はそれほど変わりません。

それなら同じものがないオリジナルのぼりを作った方が良いですよね。

プロのデザイナーのようなデザインはできませんが、同じものがないというのはそれだけ注目もされるのではないでしょうか。

「あれ、あののぼり見たことない」と思ってもらえたら良いですよね。

Web上で直接デザインを作って送付するだけでOK

のぼりの交換まで日程的に余裕があるので、ゆっくり考えて良いものを作ってと頼まれました。

デザインのイメージはだいたいまとまっているので、それを制作会社に送付してみようと思います。

そのデザインデータを送付する方法も、とても簡単なようですよ。

◇専用のソフトいらず

デザインデータを制作するのには、それ専用のソフトが入っていないとできないと思っていました。

しかしあるのぼり制作会社では専用ソフトは必要なく、簡単に制作できるそうです。

画面でのぼりの背景色や素材、文字などを選び、配置するだけです。

それを送信するだけでオリジナルのぼりのデザインデータ送付完了です。

あまりに簡単で、ちょっとパソコンが苦手な私でも楽にできましたよ。

◇デザイン料無料のところも

オリジナルのぼりの場合、デザイン料が有料となっているところが多いのですが、一部制作会社ではデザイン料を無料にしているところがあります。

もちろんそこを利用するつもりです。

簡単にデザインデータが送付でき、デザイン料も無料なのはうれしいですよね。

ただし、そこで作ったデザインを他ののぼり印刷会社で印刷することはできません。

デザイン作成から注文までしないといけないので注意しましょう。

◇入稿してしまったら修正できない場合も

デザインデータを入稿してから、「やっぱりこのデザインを変えたい」ということになった場合、修正できるところもありますが、入稿と同時に注文となるところもあるので、一旦それをキャンセルしてから再度入稿することになります。

送付する際は本当にこれで良いのかよく確認するようにしたいですね。