コラーゲンとコラーゲンペプチド

膝関節の痛みがある理由としては、スポーツが原因のこともあります。

膝へ負担がかかるからです。

膝の痛みを予防するためには、下半身の筋肉を鍛えることは有効でしょう。

しかし、筋肉疲労がたまっているとどうでしょうか?過度な運動を続けると必要以上に膝に負担がかかり悲鳴をあげます。

酷くなると膝を支えている筋肉や靱帯を痛めます。

膝関節の痛みの原因は軟骨の摩耗もあります。

痛みを緩和するアプローチとしてコラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、コンドロイチンが主成分の機能性表示食品・ひざサポートコラーゲンと呼ばれるサプリメントを摂取することがあります。

今回は【ひざサポートコラーゲンのコラーゲンペプチド】についてまとめておきましょう。

◆コラーゲンとコラーゲンペプチドの違い

コラーゲンはたんぱく質の一種。

アラニン・プロリン・グリシンなどのアミノ酸からできています。

軟骨・骨・皮膚に多く含まれており、人間の体のたんぱく質の3割ほどを占める大切なたんぱく質です。

一方のコラーゲンペプチド。

こちらは、コラーゲンをより消化吸収しやすいように分解しています。

分子が小さくなっています。

水にも溶けやすいですから、体への吸収性も抜群です。

普通のコラーゲンも、一部始終はペプチドとして体内に吸収されます。

ですがコラーゲンペプチドは、もともとが細かく分解されています。

より一層効率よく吸収できるのが特徴です。

コラーゲンペプチドは一般的な食品には微量しか含まれていません。

だからひざサポートコラーゲンで摂取する必要があるのです。