ひざサポートコラゲンの機能性関与成分とは

膝の痛みの原因は、スポーツであったり、病気であったり。

そして長年にわたる生活習慣や加齢が原因になっています。

病気であるならば、変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)などの疾患が考えられます。

中高年になって膝が痛くなる人たちが多いです。

この病気が考えられます。

痛みがでるのは、骨と骨の間の軟骨がすり減ったことが原因です。

骨と骨の間が狭くなってしまうのです。

関節リウマチも可能性としてはあります。

免疫の異常により、関節部分の軟骨が破壊されてしまいます。

この場合は、手足の指から始まって全身に痛みが広がります。

膝関節の痛みを緩和するならば機能性表示食品のひざサポートコラーゲンがオススメできます。

今回は【ひざサポートコラゲンの機能性関与成分】についてご紹介します。

◆特定の機能を持っている食品の表示は制度によって規定されています。

トクホと呼ばれる特定保健用食品・そして機能性表示食品です。

ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品に属しています。

ところで、機能性関与成分とは聞き慣れない言葉です。

簡単に説明をしておきましょう。

製品を使って臨床試験をしたり、研究をしたりして科学的根拠が明らかにされた食品のことです。

機能性表示食品は消費者庁長官に届けられています。

コラーゲンペプチドの他にはどういったものがあるのでしょうか?例えば、「難消化性デキストリン」。

脂肪の吸収をセーブして中性脂肪の上昇を抑えてくれる成分です。

「ビフィズス菌」は便秘を改善してくれます。

いろいろなものが機能性関与成分として、消費者庁に届けられています。