“風俗の初心者”が失敗する事例にはどんなものがある?

風俗初心者が失敗する事例で多いのは、風俗店に嫌われる行為を繰り返すケースや、検索画像に固執してしまうケースです。

八王子でも過去にありました。

■店側に嫌われる客。

ネット画像の絶対視。

風俗の初心者が失敗する最大の要因には2つあります。

1つは、風俗店に行って女の子の好みにこだわりすぎて、紹介された風俗嬢を嫌だと断り過ぎる男性の場合。

もう1つは、ネット検索したときの女の子の画像を、“ホントにその女の子が来てくれる”と信じてしまう場合。

どちらも“風俗知らずの初心者”が冒してしまう行為です。

八王子でも同様の事例があり、ツイッターで炎上寸前になったことがあります。

■客商売とはいえ完璧ではないのが風俗。

八王子でもどこの風俗店に行っても、店側のスタッフが紹介してくれた女の子が目の前に来たら、多少好みと違っても気持ちよく受け入れてあげましょう。

それが風俗店での暗黙のマナーというものです。

またネットに出ている女の子の画像は、イメージ画像として使われている場合もあるし、実際にその女の子でも映り方で印象が全然異なることがあります。

盛った状態の画像だったりすることもあります。

■風俗を100%信じてしまうことは危険。

正論を振りかざしてNGを連発するのも、どうかと思います。

妥協して楽しみましょう。

物事にはいろいろな事情がついて回っているものです。

「気に入らない女の子ならチェンジしていいんだろう!」といっても、それを繰り返せば店から嫌われ出禁になります。

ネットの風俗画像はニセモノが多いのも事実です。

ときには「ハメられてしまったな」と笑い飛ばして遊びを続行する度量の大きさが必要です。

▽気になる記事:派手系美人がこけしに変貌… 「詐欺メイク」に恋心も冷める?