機能性表示食品のひざサポートコラーゲンについて

コンドロイチン硫酸を単独で利用した場合に関節症にはあまり効果がないという研究報告があります。

ですが、グルコサミンとコンドロイチン硫酸を併用した場合には関節症に効果があるという評価が多いです。

この二つの成分は関節症を緩和する場合に王道とも言えるものです。

膝関節に痛みがあると階段の上がり降りが辛いです。

正座をすることなんてできません。

普通に歩いていても痛みがでることもあります。

膝の痛みで悩んでいる人たちはとても多い日本。

そんな人たちに高い評価を得ているのがひざサポートコラーゲンです。

この記事では【機能性表示食品のひざサポートコラーゲン】について詳しく解説します。

◆臨床試験を実施して効果を実証した機能性表示食品

機能は「膝関節の動きを助ける」ことにあります。

膝の曲げ伸ばしが楽になります。

ひざサポートコラーゲンが市販され始めたのは2015年(平成27年)10月に遡ります。

商用有効成分はコラーゲンペプチド。

それにヒアルロン酸とコンドロイチン硫酸が配合されています。

膝の痛みを緩和するものには、膝用グルコサミンやコンドロイチンをベースとした医薬品があります。

これらは膝の痛みを緩和する目的があります。

しかし、ひざサポートコラーゲンは医薬品ではなく食品です。

ひざサポートコラーゲンを長期間に渡って摂取することで膝関節のコンディションが良くなり痛みが緩和すると考えられています。

膝関節の痛みに即効性があるのは医薬品のグルコサミン&コンドロイチン。

体そのものの改善をするのがコラーゲンペプチドと分けて考えて利用するのが効果的であるでしょう。

《あわせてご覧下さい》話題のひざサポートコラーゲンサイト